ガチャの演出や確率などの仕様について

更新:2020年08月12日 05:34

このページではブルーアーカイブの「ガチャ」について解説していく。

ガチャについて

ブルーアーカイブではソーシャルゲームではお馴染みのガチャシステムがある。

基本的にはこのガチャから新しいキャラクターを手に入れて、育成し部隊に編成して様々な戦闘をクリアしていくことになる。

ガチャの仕様

基本的な仕様

ブルーアーカイブのガチャはキャラクターのみ排出される。(武器ガチャなどはない)

定期的に特定のキャラクターをピックアップしたガチャが行われる。またフェスなどのような確率アップ系のガチャが来るかどうかは今のところ不明。

必要な青輝石

ガチャを引くために必要な青輝石は以下のとおり。

ガチャの種類青輝石
1回120
10回1200

単発か10回かを選択することができ、1回120個の青輝石から引くことができる。

排出確率

ガチャのレア度別の排出確率は以下のようになっている。

レア度確率
★32.5%
★218.5%
★179%

最高レアである★3の排出確率は2.5%となっており、★3キャラクターは貴重なことが分かる。

ただレア度は全てのキャラクターが★5まで上げることが可能であり、基礎能力の差はあれど★3キャラクターがあまりに出ないからといってゲームが進められないというわけではない。

特にキャラクターの数が少ない序盤は★1、★2キャラクターが大いに活躍してくれる。

レア度による演出の違い

ガチャを引くとアロナのアニメーション演出を見ることができるが、この際に排出されるキャラクターのレア度によって若干演出が異なる。

★3確定演出

★3確定演出として、アロナが持ち上げた封筒がキラキラと虹色に光る。

★2or★1演出

加えて承認画面から進み封筒が回転するシーンでも、★3確定演出の場合は背景が虹エフェクトになる。★2か★1の場合は特にそういった演出は見られない。

レア度別の封筒の中身である書類は以下のように分かれており、★3が出た場合には一目瞭然となっている。

左から★1、★2、★3の書類

このようにガチャを引いた段階で★3が出たかどうかが分かるため、確定演出が来た場合には期待して結果を待とう。

小ネタ

本当に承認できてしまう驚き

演出後の承認画面ではタップすることで結果を見ることができるが、このとき封筒の記入欄をドラッグする(指でなぞる)ことでサインを書くことができ、数秒経過すると自動で排出キャラクター画面へ移行する。

これによって排出キャラクターが変化するなどの要素は恐らくないが、他ゲームではあまり見られない凝ったガチャ演出の1つといえる。

©Yostar, Inc.
当サイトで使用しているゲーム画像や製品名等の著作権並びに商標権は当該コンテンツの提供元に帰属します。

おすすめの関連記事

コメント

閉じる

コメントが正常に反映されない場合は、記事のリロード後に再度お試しください

誹謗中傷やスパム等の問題のある書き込みの場合、予告なく削除及びIP規制を行います

ガチャの演出や確率などの仕様について